0.01concept

 
0.01conceptとは
今よりも更に0.01秒でも速く走るをコンセプトにしています。
 
走りに特化し、短距離、長距離、フィールド種目、その他スポーツの競技特性に合わせアプローチします。
競技特性に合ったトレーニングをすることでパフォーマンスはアップします。それにプラスして身体の根本的な使い方、身体をコントロールする感覚を養うことで更に高いパフォーマンスに繋げていきます。
そのプラスαとして動作に入る以前の基礎トレーニングプレムーブメントです。地面との接地の感覚、コントロールといった感覚へのアプローチをしてきます。
感覚から動きへ発展していくためのファンダメンタルムーブメントです。歩く、走るといった動作の要素をより正確にし、パフォーマンス向上を図ります。
 

スタジオルーツが提供する身体論

スタジオルーツが考える身体論として、「動作に入る以前の前提条件」が絶対優先として大事という事が挙げられます。これを

プレムーブメント

と呼んでいますが、プレムーブメントは、言わば「トレーニングのためのトレーニング」。見た目としては分かりづらい、モノや地面という環境や対象物に対して、

自身をどうコントロールするのかといった、動作に入る以前の基礎トレーニング。例えば、五感は自分と環境との区別をするために機能しています。仮にこの五感が正常に情報を受け取れなかったら、あなたのパフォーマンスにはどのような影響が生じるでしょうか?スポーツは一瞬一瞬の状況判断と取捨選択が迫られるシビアな世界。

恐らく「正しく感覚を使う」という事を今まで教わる機会がなかったはず。パフォーマンスを高める大前提となるフェーズです。

そこからの発展としての動きが

ファンダメンタルムーブメント

ファンダメンタルムーブメントはそこからさらに発展して、前屈・後屈・側屈・回旋、リーチング、丸める、反るといった基本的な動作の要素を一つ一つ正確なものとし、立つ、歩く、走る、曲げる、伸びる、反る、捻じる、飛ぶといったパフォーマンスのアップに繋げていきます。

パフォーマンスはよくピラミッド構造で表現されますが、この2つはピラミッド構造の中の一番下の土台。

土台なき構造物は脆く、壊れやすい上に安定感に欠けます。

高いパフォーマンスの中に基礎あり。この基礎を知ると様々な動作に応用が可能となり、この指導を行える事が当スタジオの強みとも言えます。

イメージとしては、

パワーや動きを指導するのがトレーナー

競技特性としての技術を伝えるのがコーチ

身体操作のセンスを磨くのがRootsのメソッド

と考えて頂けるといいかと思います。

 

 

現役の日本記録保持短距離ランナーが指導

冨岡はランナー専門トレーナーであり、「0.01concept」の主宰を行っています。

自身がマスターズ60mの現日本記録保持者であり、もともとはフィットネスクラブや大学で指導していました。

現在はマラソンランナーや陸上選手のトレーニングを中心に指導していますが、「走り」はほとんどのスポーツの基本であるため、フィールドスポーツの選手や単純に足が速くなりたい小学生〜大学生までの学生も担当しています。主に小学生と中学生を対象とした0.01conceptのグループクラスも開催しています。

当店では「走るための走らないトレーニング」を指導しています。

「走らなくてもいいから家の中でも行える」という手軽さがトレーニング効率を考えると非常に優れていて、やはり「走る前提としての身体操作」があるという事をお伝えしています。

小学生対象のグループクラスは5月から開始。

日曜の午前中9:00〜10:00、10:00〜11:00 月に2回開催。月謝制。

パーソナルセッションは随時募集中。3つのコースがあります。

1セッション 60分 10,000円(税込) 5回コース 60分×5回 45,000円(5,000円お得)

短距離コース

長距離コース

フィールドその他競技コース

料金のご案内